勢いづく美しさ

今、当ギャラリーの周辺は、若葉や花々で美しさが勢いづいています。柔らかな木々の緑、次から次へと咲き競う山野草にはほんとうにいやされま

す、そんな初夏から夏に向けてのインテリアグッズや服が、みなさまをお待ちしております。

Img_0699  

Img_0698 Img_0697

上写真は、それぞれ入口付近と玄関前。

Img_0692

庭は山野草が咲き乱れ、いまの季節はキツツキの仲間のコゲラなど、いろんな野鳥も見られます。

 

2021年2月 8日 (月)

haru 春の訪れ

この春の新作2点紹介します。

河野和子さんの手染め手織りのショール。公園の剪定された山桜やソメイヨシノの枝で染め変化織りしたものです、手触りよくしなやかな逸品です。

Img_0679 Img_0680

秋田から届いた山ぶどうのかごバッグ。当ギャラリーで十数年まえのオリジナルデザインの復刻です。両脇に折り込みがあり、厚みが17㎝あるので物が入れやすく安定性があります。その形からケリーバッグと呼んでいます。

Img_0682 Img_0683

3月20日まで日本3大土人形と呼ばれる京都、宮城、長崎の土人形のおひなさまをを飾っています。ウィルスや病魔退散を願って。当ギャラリーはウイルス対策に万全を期していますので、安心しておでかけください。

Img_0684 Img_0686

2020年11月24日 (火)

令和三年は丑年

来たる丑年(うしどし)は、穏やかでマスクのいらない年になってほしいものです。牛は天神様のお使いで、各地の郷土玩具にはむかしから天 神様を乗せた牛が多く見られます。Img_2967 これは 岩手県の六原張り子の牛乗り天神です。天神様(菅原道真)が牛に乗って和歌を読んでいる様子です。学問の神様なので、受験生や勉学に励むご家庭に人気です。

次の2写真は福島県の中湯川土人形です。近年年賀切手に取り上げられたり、企業のポスターになったりと種類も多く非常に人気の高い郷土玩具です。いずれも11月いっぱいまで予約を受け付けています。受け渡しは、12月中旬頃となります。

Img_2968 Img_2930

 

 

 

 

2020年10月21日 (水)

すぐ近くのすてきな美術館

 

どんな状況でも季節は巡ってきます。当ギャラリーも秋が訪れ、次第に深まりつつあります。昨秋は庭の紅葉が例年になく美しいものでしたが、今年も楽しみです。櫟家の紅葉は、11月中旬から12月初旬です。 

Img_2886  

すぐ近くに数年前にできた、古民家を再生した私設の美術館「Furinan」があります。改造のうまさ、展示作品のグレードの高さは、オーナーご夫妻の趣味の高さがうかがえます。本当に心地よい美術館です。

開館日  金、土、日、月。

開館時間 午前11時から午後5時

入場料無料

篠栗町大字篠栗5130   電話番号  092-710-9373

Img_2880 Img_2883 Img_2884

「Furinan]で次の通り展覧会が開催されます。

 藤 喜三次展(作陶)10月26日~11月9日

 藤 喜三太展(グラフィック)11月2日~11月16日

 ※展示期間中は休館はありませんが、11月1日のみ休館です。

Img_2889

2020年7月14日 (火)

楽しく実用的な木製品

木工家、中村英二さんの楽しくて実用的な小物雑貨です。

Img_e3704-2

ベビーチェアやスツールは花を飾ると美しいインテリアに。

Img_e3703-2

カッティングボードは専用のボード立て付き。お弁当箱は仕切り付きで専用のゴムベルトで固定します。

このほかにも、角を削った自然木の積み木やカトラリーもあります。

Img_e3717

下の写真はくりぬきのコーヒー豆のスプーン。1杯が約80gです。トレーは持ち運びやすい作りになっています。

Img_e3713-2

2020年4月20日 (月)

この器で食したい~ 小代焼

 小代焼は、熊本県の小岱山麓で約400年前から焼き続けられている陶器です。

Img_0666

 釉薬の深い美しさと自由奔放な流し掛けの模様は素朴な味わいがあり、ふだん使いのうつわとしてとても愛されています。

Img_0667

 ここに紹介する器は、現在非常に評価の高いふもと窯の井上尚之さんを中心とする作品です。

Img_0663

 先日は、NHKの「イッピン」でスリップウエアーの技法などが紹介されました。

2020年2月27日 (木)

特等席

 この春は、当ギャラリーの庭の椿の花付きがよく、特に玉之浦(長崎県の五島列島で発見された藪椿の変種で、口先が白い覆輪となっている)は、窓際のテーブルを覆うように見事な景色をつくっています。また、デッキには落ち椿が風情を醸し出しています。

Img_0649

Img_0651

 その席の背後には、信州中野の土人形の内裏雛を飾っています。奈良久雄氏の作で、男雛は桜満開の華やかな衣装です。3月に中野市で開かれるひな市の抽選で購入権に当たるなどしないと手に入れることが難しいものです。(3月中旬まで展示)

Img_0653

 

 

2020年1月 8日 (水)

ココロオドルかごバッグ

 令和になって初めての新年、おめでとうございます。

かごバッグも新作が入荷しました。力作ですので、ぜひ手に取ってごらんください。

① クルミと山ぶどうのコンビネーションおしゃれバッグ

   横幅 37センチメートル  取手除く高さ 20.5センチメートル  幅 10センチメートル

Img_0640  Img_0641

② 山ぶどうのビジネスバッグ

   横幅 36センチメートル  取手除く高さ 27センチメートル  幅 8センチメートル

Img_0642

③ 山ぶどうののおしゃれバッグ

   横幅 (下部)32センチメートル (上部)28.5センチメートル 

   取手除く高さ 19センチメートル  幅 8センチメートル

Img_0645

※ サイズはおおよその測定です。 

 

2019年10月30日 (水)

子年の縁起物 予約承り中

 来年はねずみ年。十二支の一番最初です。

 本年も、中湯川土人形(福島県) 相良人形(山形県) 六原張り子(岩手県)などの、ねずみの人形の予約をとっています。

Img_0621 Img_0622

 

 このほかにも、縁起しめ縄も予約をとっています。期間は11月いっぱいまで。品薄になっているものもありますので、早めにご注文をおねがいします。

Img_0624

 

 

 

2019年8月24日 (土)

秋がそろそろ

 処暑を過ぎると暑さも落ち着き、蝉の声ツクツクボウシやひぐらしに変わり、庭の草花も秋の花が咲き出しました。

Img_0614

 上の写真はオオキツネノカミソリです。小ぶりのキツネノカミソリが終わるとそれに代わって咲き出します。どちらもヒガンバナ科で、9月のお彼岸のころに、ヒガンバナが盛りを迎えます。

 当ギャラリーは、白花のヒガンバナが庭いっぱいに咲き乱れます。2枚目の写真は、それの予告写真です。ギャラリーの外の田んぼは、赤いヒガンバナが咲き乱れ、紅白のコントラストに毎年お客様に喜んでいただいております。

     Img_0615

 秋のおでかけに、クルミのかごバッグはいかがでしょう。変化ある編み方に、山ぶどうやアケビのかごバッグとともに人気です。

Img_0619

 

«新しい編み組み届いてます

2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ