« 2010年6月 | トップページ | 2010年9月 »

2010年8月

2010年8月23日 (月)

うさぎ展の はじまり、はじまりイー

9月1日から「うさぎ展」が始まります。

20109_001

郷土玩具、染色、茶道具、その他創作のうさぎ展です。下の写真は本藍染ののれんです。

20109_002

うさぎは、その昔から神話や昔話に登場し、弱い者の味方になったり、騙されたり、時にはずるがしこくなったり、人間くさい身近な愛すべき登場者として親しまれています。 

また、「飛躍」「出世」「長寿」「家内安全」「子孫繁栄」として、非常におめでたい図柄に使用されてきました。

今回のうさぎ展のために、特に郷土玩具は1年前から準備を始めました。全国の有名なそしてレアな土人形や張り子のうさぎが、30種以上そろいました。来年はうさぎ年ということで、今後、手にはいりにくいものもあります。

本当に珍しいものもありますのでぜひその目でご覧になってください。では一部を紹介します。

20109_004

上の写真は、滋賀県の「小幡人形」で、土人形のカチカチ山です。小幡人形は、このほかに「月乗り兎」があります。波に浮かぶ月に乗って威張っている楽しいうさぎの人形です。

20109_005

これは、山形県の「山形張り子」で、玉乗りうさぎ。平成11年の年賀切手に採用されてすごく有名になりました。見れば見るほど本当にかわいい作品です。作者は89歳の匠で、このほかに「月山玉兎」もあります。

20109_006

これは、茨城県の「那珂湊張子」の首振りうさぎです。残念なことに、張り子の型が古くなり使用できなくなったということで、これが最後の作品となりました。参考展示いたします。

次は香炉と香合です。

20109_003

これは、藤田圭三作「トルコの姫君」です。陶器の香炉で、蓋のつまみがうさぎになっています。

20109_007

香合はご覧のように骨董から現代作家のものまで。

手のひらに乗る大きさで、さまざまな意匠があり、収集アイテムとして人気があります。

9月の中旬から、庭いっぱいに白花の彼岸花が咲き出します。次のブログでそのもようとうさぎ展の状況や別の作品などを紹介していきます。

問合せ ℡ 092-947-5473 (不定休につき、事前にお電話いただけると幸いです。)

2010年8月 8日 (日)

編みかごの新作が届いています

残暑お見舞い申し上げます。

当ギャラリーでは、暑さを和らげる室礼(しつらい)でお客様をお迎えしております。

下の写真は、玄関風景

20108_003

ギャラリーには、やまぶどうや、からむしで編んだ新作が届いています。その何点かを写真で紹介します。

ヤマブドウの手提げかご

20108_001 20108_002

からむしの帽子

20108_006

ひろろ(ミヤマカンスゲ)と もわだ(シナ)の手提げバッグ

20108_007

庭の草花も秋の装いが始まりました。20108_005

ホトトギス、ミズヒキ、キツネノカミソリ(写真)、キキョウ、カワラナデシコ、ワレモコウ、サクラタデ、ギボウシ、シュウカイドウなど。

お知らせ・・・9月1日から「うさぎ展」を開催。全国から、郷土玩具の土人形や張り子などまた、茶道具の香合や香炉、藍染など、うさぎに関するものの展示即売です。詳しくは、次のブログで・・・。

« 2010年6月 | トップページ | 2010年9月 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ