« 2015年2月 | トップページ | 2015年6月 »

2015年4月

2015年4月27日 (月)

里山の恵みで編んだ敷物

蒲(がま)をむしろばたで織った敷物。普通の藁(わら)より太くて、分厚くて、弾力があり、踏んだり、寝転がったり、本当に気持ちがいい。196cm×94cm島根県002

 ヤマブドウは、かごバッグだけではありません。家具や建築素材、そして敷物にも使われます。玄関で、お客様を驚かせてお迎えするこの敷物は、踏まれているうちにいい色になり、夏でも冬でも敷き替える必要がありません。網代編みで、120cm×70cm山形県

004

 クルミは、表の色と裏の色が異なるため、コンビネーションが楽しめます。ヤマブドウと同様、季節を問いません。ヤマブドウとクルミはサイズの要望に応じることができます。(クルミの敷物の写真はN寺信徒会館)

021

2015年4月 2日 (木)

男児の節句人形がおもしろい

 春爛漫、花々とともに、青葉若葉の目にも鮮やかな季節となりました。そろそろ、男児が生まれたご家庭では、こいのぼりも泳ぎはじめるでしょう。

 端午の節句は、兜やこいのぼりが一般的ですが、全国的には、おもしろい節句人形がたくさんあります。男児の健康と勉学と出世を願い、たくましく育つようにという思いの詰まった縁起の飾り物です。

 写真は、福島県中湯川土人形の金太郎。熊と相撲をとっているところですが、とてもユーモラスです。金太郎が真っ赤なのは、疱瘡除けのおまじないの意味があります。

023


次の写真は、岩手県六原張り子の鐘馗(しょうき)です。

 鐘馗とは、唐時代の秀才で、役人の試験にトップで合格した。しかし、皇帝は面接のときに、ひげ面のいかつい顔を見て気分が悪くなり、その成績を取り消してしまうその後s皇帝は、その良才を悟り剣を与えて悪魔を退治する駆除魔大臣に任命したというもので、文武両道の縁起物として、端午の節句には広くかざられるようになりました。

022

ほかにも、天神様、桃太郎、武者人形、一心太助など、昔話や、伝説の武士などを題材にしたものが多くあります。

« 2015年2月 | トップページ | 2015年6月 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ